メモアプリ 【Boost Note】がクラウド化 使い方紹介

メモや、ちょっとしたコードのストックに便利な「Boost Note」を紹介します。

Boost Noteは簡単に言うと「メモやスニペットをストックするアプリ」です。簡単なコードや、忘れたくないメモなどを書き記し、使いたいときにすぐ呼び出すことができます。

また、データをDropboxに置くことで端末同期が可能など、とても使い勝手が良く、よく使うアプリのひとつです。

そのアプリが2019年12月にリニューアルしました。
さっそく、使用方法や使い勝手などを見てみたいと思います!

↓こちらのメモアプリもおすすめです!(2020年4月1日追記)

新Boost Noteの変更点

【新Boost Noteの変更点】

  • 名前が”Boostnote”から”Boost Note”に変わった
  • ブラウザ版リニューアル
  • デスクトップアプリ(Windows, Linux and macOS)リニューアル
  • モバイルアプリ(iOS and Android)は年末頃にリリース予定
  • クラウド同期で全てのデバイスで同期可能
  • チーム版を来年春にリリース

“Boostnote”から”Boost Note”に

これまで「Boostnote」という名称だったのですが、リニューアル後は「Boost Note」に変更となりました。

以前の名称「Boostnote」が浸透していたと思ったのですが、なぜ名称を変えたのでしょうか?気になりますね〜

ブランドカラーも以前の若々しいグリーンから、少し渋めの濃いグリーンに変更となりました。

クラウド同期で全てのデバイスで同期可能に

これまではデスクトップ版アプリのみリリース。同期はDropboxにストレージ(データベース)を置くことで実現していました。(これでも必要十分でしたが)

それが今回のリニューアルでクラウドへと移行されました。(ローカル保存も選択可能です)

クラウドの容量はプランによって異なります。

機能BASICPREMIUM
ウェブアプリ
デスクトップアプリ
(Mac/Windows/Linux)
モバイルアプリ
(iOS/Android)
デバイス間のデータ同期
ローカルストレージ無限無限
クラウドスレージ100MB2GB
料金$0/月$3/月

両プランの違いは容量のみ、その他は同じという構成です。

モバイルアプリのリリース予定

これは嬉しい!
スマホからBoostnoteを確認したい場面って結構あるんですよね。
端末間同期はこれで完璧ですね。

新Boost Noteを使ってみる

ストレージ作成にはサインインが必要

デスクトップ版アプリ、またはブラウザアプリを起動します。

1.新しくストレージを作成しようとするとサインインを要求されます。(ローカルでデータベースを使用する場合はサインインの必要はありません)

2.ログイン方法をGithubまたはメールアドレスから選びます。

新しいストレージを作成する

ストレージとはメモをためておく本棚のようなものです。

Storage
  ├folder01
  ├folder02
  ├folder03
  ├folder04

このようにストレージの中にはフォルダを作成することができます。

1.左カラム「Storage」右側の「+」を押す

2.ストレージ名を入力し「ストレージ作成」

ストレージ内にフォルダを作成する

1.「ストレージ名」横の「+」を押す

2.ダイアログが開くのでフォルダ名及びディレクトリを入力

3.新しいフォルダが作成されました

ノートを作成する

旧Boostnoteからノートの保存形式がすこし変わりました。

以前は「コードベースのスニペット」と、「markdownなどテキスト形式」の2タイプありましたが、どうやらそれが1つにまとまったようです。

使い勝手はこれから使ってみないとなんともですが、そんなに困らないのではないでしょうか。

逆にシンプルになったので良い気もします。

1.鉛筆マークを押し

2.書き込む

旧Boostnoteからデータをインポートする

設定→Importと開き、csonファイルをアップロードすることで、コピーできます。

ただし、ちょっと不具合があり(私だけ?)、画像が添付されたcsonファイルをアップロードすると、アプリがクラッシュします。

※ブラウザが真っ白になり、操作不能になります。復旧方法は、デスクトップ版アプリから該当フォルダを削除。ブラウザのキャッシュを削除、で行けました。

このあたりはリニューアル直後ということで、すぐに改善されるでしょう。

まとめ

Google Keep、iCloudメモ、Evernoteなどなど、同期できるメモアプリはいくつかありますが、コードスニペットなどの使用を考えると、どうしても使いづらい部分があります。

一方、Boost Noteは「開発者のためのノートアプリ」を目指してできたサービスなので、そういったニーズは満たしていると思います。
また、Markdown形式でかけるので、ブログの下書きなどにも使えそうですね。

以上、新Boost Noteの使い方でした。

最新記事